レオパレス21の危機 順調な時期の経営陣の慢心が招いたもの!!


経営の厳しい状態が続くレオパレス21。

そもそもなぜこのような事になってしまったのでしょうか。

どうやらすべての問題はバブル崩壊からリーマンショックまでの間にあるようです。

バブル崩壊が経営危機に直面していたレオパレス21ですが、ビジネスモデルを賃貸住宅とサブリースに重きを置くようになり、V字回復を果たし、しかも順調に業績を拡大させた時期でもあります。

アパート画像

レオパレス21のアパート群。

当時はレオパレス21のアパートというと、とても魅力的に見え、地主さんの多くがレオパレス21とともにアパート経営を行うようになった時期でもあります。

私が住んでいるエリアにおいても、この当時、急速にあちらこちらでレオパレス21のアパートが建っていったことを覚えています。

当時は社宅比率も高く、家賃も相場よりも高めに設定することもでき、オーナーにしてみれば、レオパレス21と組むことがとても魅力的に思えたに違いありません。

というかレオパレス21のアパートオーナーであることを誇りに思っていたことでしょう。

しかしこのすべてがリーマンショックによって、狂い始めます。

このリーマンショックによって、多くの会社が社宅の整理にのりだし、レオパレス21のアパートにおいても法人顧客がどんどん減っていったと言われています。

すると何が起きるでしょうか。

家賃水準を引き上げていた法人顧客が減ると、家賃水準が下がっていきます。

するとこれまでは、レオパレス21のアパートの家賃は相場よりも高いという構図が崩れ始めていきます。

するとオーナーに支払う賃料よりも、入居者さんから得られる賃料のほうが少なくなっていき、レオパレス21はオーナーの賃料の大幅減額へと舵を切ることになります。

オーナーにしてみればショックだったでしょう。

まさかあのレオパレス21がオーナーとのコミットを破って、賃料減額を迫ってくるとは・・。

この時から、オーナーのレオパレス21への不信感が強くなっていきLPオーナー会が結成されることになります。

しかもかねてからレオパレス21のアパートはどうもおかしい、遮音性がとても悪いといった噂はありましたが、不信感を持つアパートオーナーによって施工不良の実態も明らかになっていきます。

とにかくリーマンショックまでは、とにかくアパートを建てればレオパレス21が儲かるということで、アパートの品質なおざりで、どんどんと建ててしまった、つけが今になって来ているようです。

このようにレオパレス21の変遷をたどってみると、今の深刻な問題どうも最も業績が順調だったバブル崩壊後からリーマンショックまでの間の経営陣の慢心が招いた結果ではないかと思います。

というのも当時の品質をなおざりにしたアパートや、社宅依存のアパート経営管理の修正ができなかったことなどがあげられます。

やはりどの建設会社と組むかは、順調な時だけのことで判断するのでなく、過去にどのような変遷を経て、不調な時でも乗り切る力のある会社なのかどうかも見てみる必要があるでしょう。