損害保険には必ず加入しておこう


アパート画像

自然災害が増えているなか、損害保険に加入しておけば安心。

随分と昔の話ですが、私の周辺エリアでは、事務所荒らしによる被害が多発し、案の定、私の所有マンション1階のテナント部分も事務所荒らしの被害に遭いました。

私の所有マンション1階の場合は、シャッターと玄関ガラスを壊すところまでは行ったものの、中に侵入するのに手こずり、結局は中に侵入するこを断念し逃走したようです。

しかし1階のシャッターと玄関ガラスは壊されてしまったので、修理が必要となりました。

修理代金はアパートオーナー負担となりますが、この時、10万円以上に請求があったと思います。しかし

この時に助けになったのが、損害保険です。

マンションには損害保険をかけていましたが、特約で人為的に壊された場合に補償の対象となるものがあって修理代金全額が補償されました。

おまけに保険からお見舞金5万円も支払われました。

この時は、本当に損害保険に特約も含めて、きちんと加入していてよかったと実感しました。

ところで今の時代、自然の災害であれ人為的な災害であれ、何が起きるかわかりません。

最近も台風が何度か近くを通り、強風が吹き荒れました。

さいわい私の物件には被害はありませんでしたが、もう少し風が強ければ、なんらかの損傷が生じていたかもしれません。

花画像

思わぬ修繕で損害保険に補填してもらえるケースがある。

ところで今回の台風でも各地で様々な被害をもたらしました。

このような時にアパートオーナーにとって怖いのは、水害被害かもしれません。

もしも水害によって物件が浸水してしまうならば、修繕費用も相当なものとなってしまいます。

おおむねですが1部屋あたり200万円以上の修繕費用がかるともいわれています。

もしも所有物件の5部屋が浸水するならば1000万円以上の修繕費用かかるということになります。

1000万円というと余程、資金力のあるオーナーさんでなければなかなか支払うことのできない金額です。

しかしこのような時に、頼りになるのが損害保険です。

最近は

風水害補償のついた損害保険もあります。

万が一、浸水被害に遭い高額な修繕費用がかかっても、損害保険によって助けられます。

最近、賃貸住宅管理戸数で最大手の大東建託も管理物件のオーナーが、水害補償のある損害保険に加入しているかどうか、確認していったようですが、それぐらい水害被害が多発するようになり損害保険の重要性が高まっているようです。

予期せぬリスクが生じ得る昨今、損害保険に加入いたしましょう。