お部屋の魅力アップに温水洗浄便座 簡便にできる方法!!


花画像

今の時代、旧来のユニットバスのお部屋はほとんど人気がない。

今の時代でもホテルのお部屋は、ユニットバスになっているお部屋が多いです。

ユニットバス、つまりはトイレとバスそして洗面所が一体となったものです。

ところでホテルの場合は短期滞在なので、それはそれで良いのかもしれません。

しかしそれが賃貸住宅のお部屋となると、ユニットバスのお部屋は敬遠されます。

ですから最近ではワンルームでしかもユニットバスのお部屋の場合は、家賃が1万円台でも珍しくありません。

そしてこんなにも家賃が安ければ、アパート経営そのものは厳しい経営が強いられることでしょう。

ところでアパートオーナーさんによれば、こうした状況から脱するために、トイレと浴室を分離したお部屋へとリノベーションを行ったり、さらには建物自体を思い切って建て替えるというオーナーさんもおられることでしょう。

しかしそのためには、かなりの費用がかかります。

そこでユニットバスのままでも、お部屋の魅力アップを図る必要が生じてくるわけですが、比較的簡便に行えることができる方法の1つが

温水洗浄便座にするという方法です。

このてんでホテルでもユニットバスになっていても便座は温水洗浄便座になっていることは少なくありません。

賃貸アパート画像

便座を温水洗浄便座にするだけでお部屋の魅力アップを図ることができる。

実際のところ温水洗浄便座に取り替える工事費も2万円~でさほど費用負担が大きいということはありません。

ですからお部屋の魅力アップのためにも、まだ温水洗浄便座になっていないならば取り替えることができます。

最近の入居者募集物件の検索サイトでは、希望物件の条件記入の項目に温水洗浄便座がついている物件を選ぶかどうかの項目もあります。

もしもまだ旧来の便座のお部屋であるならば、その段階で入居が見送られてしまうことでしょう。

とりわけ冬の寒い時期に、冷たい便座に座るのが、とても苦手というか嫌な方にとって、あるいは常習的に便秘や下痢の方などは、温水洗浄が必須のものになっている方も少なくないことでしょう。

ですからおそらくはワンルームでユニットバスのお部屋は、もともとは温水洗浄便座ではなかったと思いますが、簡単にお部屋の魅力アップで行うことができる事柄として温水洗浄便座にすることによって客付け力の向上と、家賃のアップを図ることができるかもしれません。

追伸:水回り周辺の工事ですので、電気トラブルを防ぐためにも専門業者に工事を行ってもらうのが良いでしょう。

温水洗浄便座の普及率についてウィキペディアによれば

温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)とは洋風便器に設置して温水によって肛門を洗浄する機能を持った便座のことである。商標の普通名称化により「ウォシュレット」や「シャワートイレ」などの呼称で総称している場合があるがウォシュレットはTOTO、シャワートイレはINAX(LIXIL)の商標である。日本ではこの温水洗浄便座を装備した便器が増加しており、2015年3月末現在の一般家庭への普及率は77.5%に達する[1]。

温水洗浄便座

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/温水洗浄便座(アクセス日2020/1/22)

と書かれています。

このように温水洗浄便座の普及率は80%前後だということです。

ということは、あたりまえのように温水洗浄便座が使用されているということです。