アパートオーナーといっても商品のアパートを知らないのは考えもの


最近はサブリースによる賃貸住宅経営が主流になりつつあるので、アパートオーナーさんが部屋付け、つまりは空室に入居者を入れるための努力をすることはほとんどないかもしれません。

このサブリースのいいところは、空室になってもアパートオーナーに支払われる賃料が変わらないというてんにあります。

ですから多少空室があってもアパートオーナーの賃料が変わるわけではありませんで、ジタバタすることはないでしょう。

しかし本来、賃貸住宅経営というものは、入居者から家賃をもらって成り立つものです。

ですから賃貸住宅事業者であるならば、部屋付け能力、入居斡旋のために尽力するのが本来の姿なのかもしれません。

このてんで無頓着なアパートオーナーであるなら、サブリース会社から契約解除されたり、サブリース会社の経営難などで賃料が支払われなくなった時にジタバタすることになるでしょう。

ですからサブリース会社や管理会社が入居斡旋のために動いてはくれますが、アパートオーナーも部屋付けのためにある程度のことを知っておくのは良いことです。

シャーメゾン画像

積水ハウス設計施工管理のシャーメゾン。都心部では人気のある賃貸住宅。

ところでサブリース会社任せ、管理会社任せになると、所有アパートの部屋がどのような部屋かをあまり知らないアパートオーナーさんもおられるようです。

しかしよくよく考えてみると、アパート部屋はアパートオーナーが提供している商品です。

オーナーが商品のことをあまり知らないというのもちょっと考えものです。

せめて管理会社等に入居斡旋をしてもらっている所有アパート部屋にどのような特長があるかぐらいについては知っておきたいもです。

基本的にサブリース会社はアパートオーナーにお部屋を見てもらうということは、竣工時の時ぐらいで、その後は見る機会がない場合が多いかもしれませんが、空部屋時にアパートオーナーも部屋を見ることができるならば見ておきたいものです。

というのも実際のところ多くの物件をかかえる管理会社が部屋付けのさいにアピールできるてんを見落としているということもあるからです。

追記:入居率の良い、サブリース会社、一括借り上げ会社の場合は、部屋付け能力はありますが、手法としては人気のある設備を設置したり、家賃をリーズナブルな募集家賃にして、入居率を上げようとする場合もあります。

また一括借り上げ会社の場合、入居者募集は自社グループの管理会社が行いますが、しかし多くの場合、地元の不動産屋さんにも仲介を依頼します。

そのさいにテコ入れのために仲介のさいの報酬額を増額したりなどして入居率を上げようとします。

こういった手法は個人の物件オーナーさんには、なかなかできないことです。

しかし個人の物件オーナーでも、自分の物件が、競合している他の物件にないアピールできる事柄を知っていることもあります。

例えば、警察署の近くにあるので安心だとか、夏は風通しがよくて涼しく過ごせる、窓から眺めが抜群で癒されるなどです。

このてんで多くの物件を管理している管理会社は、見落としていることが、しばしばありアピールできてていないことがよくあります。

このてんはを管理会社に気づかせて、アピールしてもらえるように提案することもできるかもしれません。

募集サイトでしっかりとアピールてんを強調できれば、募集家賃が多少高くても入居者が見つかるかもしれません。