生命保険料を支払って節税と貯蓄を!!


アパート画像

アパートオーナーも生命保険を上手に活用して節税にあたることができる。

生命保険といえば、通常は一家の稼ぎ手に万が一のことがあった場合に備えて、加入している人も少ないないと思います。小規模アパートオーナーの小生も、ソニー生命の変額保険やコープ共済に加入しています。

ところで生命保険料は毎月、相当額支払ますが、この支払った生命保険料も控除の対象になります。
しかし支払った額がそのまま控除の対象になるわけではありません。

控除額については一定のルール―にしたがって算出されます。

また見落としがちのことですが、民間の個人年金も控除の対象になります。

ところで生命保険は貯蓄型と掛け捨て型の2とおりに分けることができます。
どちらが有利なのでしょうか。

保険料を安くすませたいという視点からは、明らかに掛け捨て型のほうが有利です。
しかし節税効果という視点になると貯蓄型のほうが有利だといえるかもしれません。

なぜならば貯蓄額の保険のほうが、保険料が高くても控除する額も大きくなるからです。

例えば年間8万円の生命保険に加入していれば、4万円の所得控除を受けることができます。4万円ということは、節税額が5千円~1万円程度になります。


花画像

貯蓄性の生命保険は解約によって資金調達をするという選択肢もとれる。

ところで生命保険料の控除の計算方法ですが、平成24年以後の契約と平成23年までの契約とで異なります。

平成23年までに契約した保険については

2万5千円以下      全額控除
2万5千円超え5万円以下 支払金額÷2+1万2千5百円
5万円超10万円以下   支払金額÷4+2万5千円
10万円超え       5万円

平成24年以降に契約した保険については

2万円以下        全額控除
2万円超え4万円以下   支払金額÷2+1万円
4万円超え8万円以下   支払金額÷4+2万円
8万円超え        4万円

これを見ると、平成24年以降契約した保険については、不利のように思えますが、平成24年以降は介護医療保険にも使えるようになっています。

つまり生命保険に年間8万円以上、個人年金保険に年間8万円以上、介護医療保険に年間8万円以上、掛金は支払っているなら合計で12万円以上の生命保険料控除が受けられます。

生命保険控除をうまく活用して節税や貯蓄を上手に行っているアパートオーナーさんもおられるようです。