不動産管理会社を選ぶ


集合ポスト画像

管理会社に入居斡旋力がなければ、空室だらけになるかもしれない。

アパートオーナーが、所有アパートの管理をし、入居者募集もオーナー自ら行うということは、ほとんど見られなくなりました。

とくに競合物件の多い、市街地においては、アパートオーナー独自で入居者募集を行うことには限界があるように思われます。

そこで重要になってくるのは、入居斡旋や物件の管理を行ってくれる不動産業者を選ぶことになるわけですが、どのようにして選ぶことができるのでしょうか。

このてんで

不動産業者の選択は重要です。

まず入居斡旋については地元の有力な不動産業者が有利です。

といのも地元の不動産業者は地元の不動産の状況によく精通しているからです。

といっても全国展開している大手不動産管理会社も地元に支店がなくても、地元の不動産業者と提携している場合も多く、地元の不動産業者以上に入居斡旋力のある不動産管理会社もあります。

ちなみに全国で賃貸物件管理戸数でNO1の大東建託グループ物件の入居率は常時95%以上を維持しています。(なぜか積水ハウスグループは全国賃貸物件の入居率を大東建託のように公表していない)

さらに地元の不動産業者のなかには悪徳業者として知られている業者もあるので、選択には慎重でありましょう。

不動産についての経験や知識があまりなければ、当初は大手の信頼できる管理会社に管理してもらうのが無難かもしれません。

後に管理替えを行うこともできます。

花画像

悪徳な管理会社に注意しなければならない。

ところで不動産管理会社に行ってもらう事柄は入居斡旋と物件の管理です。

最近は双方の業務を管理会社に行ってもらっている場合がほとんどです。

さらに希望入居者像を管理会社に伝えることもできます。

例えば比較的トラブルが少ない女性のみにしてほしいとか、家賃滞納リスクのある学生はダメだといった具合にです。

勿論、近年は空室率も上昇していますので、入居者層をみやみに絞る事が賢明でない場合もあります。

あとは家賃等について協議し、決めることができますが、不動産管理会社は不動産のプロなので、適正な家賃を割り出してくるでしょう。

あまりにも相場家賃よりも高く設定すると入居者がなかなか決まらないという事態が生じますので、希望家賃よりも低い家賃を提示されても受け入れるのが無難かもしれません。

いずれにしてもアパート大家にとって、なくてはならない存在の不動産管理会社、賢く活用しましょう。