賃貸の解約は一カ月前に


賃貸アパート画像

賃貸契約の解約は少なくとも1カ月前に行う必要がある。

2017年2月も月末になり、街の不動産屋にとっては最も忙しい時期になりました。

この時期は賃貸契約解約届を提出して退去する方も多いですが、新たに入居する方も多い時期でもあります。

ところで3月中に引っ越すならば、2月中に賃貸契約解約届を不動産管理会社に提出する必要があります。

というのも多くの場合、賃貸契約は解約の一カ月前に届けることが規約されている場合が多いからです。

もし3月になってそうするならば、4月分の家賃も支払うことを求められることでしょう。

以前、職場の知り合いが家賃の値上げを求められた時に、賃貸契約を解約することにしたそうですが、翌月分の家賃の支払いまでも求められ逆上し弁護士にも相談したという事を聞きましたが、よくよく考えてみると不動産管理会社に問題があるわけでなく、そういう規約があることを認識していなかった知り合いのほうに落ち度があったのではないかと思います。

私の所有物件においても、まさに末日に解約届を提出して、翌月に退去された方も過去におられましたが、もっと余裕をもって解約届を提出したほうが良いのではと思います。

もちろん住居については、多くの場合は1カ月前に解約届を提出することが求められていると思いますが、物件によっては2カ月ないしは3カ月前に解約届を提出することが求められている場合もあると思いますので、賃貸契約書の規約などをよく確認してみることをお勧めいたします。

花画像

住居の解約届けは1カ月前に、テナントの場合は数か月前に解約届を提出する必要がある。

ところで住居部分の解約については、多くの場合一カ月前で大丈夫だと思いますが、テナント部分の解約になると異なります。

それぞれのテナント物件の規約などに明記されていることと思いますが、数カ月以上前に解約届を提出することが求められる場合があります。

私の所有物件は大東建託グループが管理していますが、テナント部屋については、実際に生じたケースですが、3月に解約届が提出され、退去されたのは7月でした。

つまりは退去の4カ月前には、解約届を提出しなければならず、その間も家賃を支払わなければならないのです。

ですからテナントの退去を考えているのならば、早めに計画を立て、解約届を提出しなければなりません。

あるテナント物件では解約届提出後も数カ月家賃を支払うことを嫌ってか、夜逃げをして姿を消した事業者もおられるようですが、決してそのようにはなりたくないものです。

追記:会社の転勤等が、1カ月前でなく、2,3週間前、場合によったら、突然に来る会社もあるようです。そのような場合は、転勤に向けて、非常に慌ただしくなりますが、賃貸住宅に住んでいるならば、解約届は速やかに提出いたしましょう。というのは解約届が受理されてから、少なくとも1カ月分の家賃が支払うことが求められているからです。このてんは賃貸住宅の管理会社も対応はシビアです。例え引越日の数日前に、解約届を出しても、受理された日から1カ月分の家賃は請求されます。このてんは入居者には納得がいかない事柄かもしれませんが、しかし管理会社は譲歩してくれません。ただし例えば大東建託パートナーズ管理の物件から、同じ大東建託パートナーズ管理の物件へと引越すならば、仲介手数料が0円になるとか、引越費用の割引サービス等を活用して、引越費用を軽減させることができます。