賃貸併用住宅でローン金利を軽減


賃貸住宅画像

積水ハウス施工の賃貸併用住宅。

戸建て住宅を購入しても、何年もすれば大規模なリフォーム工事を行う必要が生じてきます。

さらに中古住宅を購入したならば、リフォーム工事を行う頻度も多くなるかもしれません。

しかもそのリフォーム工事、費用は100万円単位でかなりの出費になることがあります。

そこで

賃貸併用住宅に建て替える方も少なくありません。

というのも高いリフォーム代金を支払うならば、建物そのものを建て替えるほうが賢明な場合もあるからです。

しかも賃貸併用住宅という形で建て替えるのです。

そうするならばローンの返済を家賃収入で行っていくことができます。

そして建て替えるとなると、リフォームするよりも、解体費用も含め、かなりの費用がかかりますから、多くの場合、金融機関からの借入を行うことになるでしょう。

この場合、マンションにして、オーナー使用部屋として幾つかの部屋を自宅として使用するならば、原則的に借入金はアパートローンになります。

そして事業性ローンに区分されるアパートローンになると多少、住宅ローンよりも金利が高くなります。

しかも金額が大きくなると少しの金利の差でも、費用負担は大きくなることでしょう。

それではどうすることによって金利負担を軽減させることができるでしょうか。

花画像

賃貸併用住宅には公的融資を受けることができるメリットがある。

住宅金融支援機構から融資を低金利で受けることができます。

この場合は、オーナーの住宅部分は金利の低い住宅ローンで借りることができます。

といっても条件があり、自宅部分と賃貸部分を明確に区分する必要があります。

例えば自宅部分と賃貸部分を仕切る壁を耐火構造の壁にすれば、まったく別の建物とみなされ自宅部分のみは、住宅金融支援機構などから低金利の融資を受けることができます。

もちろん賃貸部分はアパートローンになりますが・・

もちろんこの場合、大規模なマンションにすると別建物とみなしていただくのは難しいかもしれないので、建物の規模は小規模にとどまるかもしれません。(可能かどうかについてはハウスメーカーと相談してください)

後は家賃収入でローンの返済を行っていくことができます。

アパート経営はちょっとした工夫で、キャッシュを少しずつでも膨らませていくことができるのです。