建設工事費 相見積もりを取ると業者によって随分と違う?


これは実際に生じ得ることですが、家の解体工事費用を3社に見積もってもらったとします。

A社の見積もり金額は250万円。

B社の見積もり金額は300万円。

C社の見積もり金額は350万円。

と同じ解体工事でも施行する業者によって見積もり金額が異なるということは、しばしば生じ得ることです。

この場合、A 社とC社との間には100万円もの差が生じています。

ということで、このケースではC社以外のA社かB社で解体を依頼することでしょう。

というのもC社は、ぼったくっているのではないかという疑念が生じるからです。

残念なことに建設会社のなかには

当たり前のようにぼったくる

という悪習があります。

最近でも分譲マンションの大規模修繕工事にからんだ、ぼったくりともいえる醜聞がメディアで取り上げられるようになりましたが、このような事柄が生じる世界のようです。

ですからアパートオーナーは気をつけなければなりません。

ではどうすることができるでしょうか。

どうしてもアパートの修繕は大なる小なり行わなければなりませんが、とくに大きな工事で費用がかかる場合は

相見積もりを取ることができます。

相見積もりについて三省堂の大辞林には

一つの工事について複数の業者から見積もりを出させて比較すること。また,その見積もり。

あい みつもり あひ- [3] 【相見積(も)り・合い見積(も)り】

と定義されていますが、この定義のとおり一の工事について複数の業者から見積もりを出させて比較してみるのです。

花画像

相見積もりによって建設会社によるぼったくりをある程度防ぐことができる。

このように相見積もりによって同じ工事を行ってもらうにしても、常軌を逸した料金を請求してくる建設業者を排除することができます。

上記のような解体工事の場合は、解体工事そのものに工事の質に大きな差があるわけではありませんので、他社よりも解体工事費用が高い場合は、ぼったくりを疑ってみることができるでしょう。

ところで工事代金が安ければそれで良いというわけでもありません。

例えば塗装についてですが、使用する塗装の種類によって値段がかなり違ってきます。

高品質の塗料を使用すると、2~3倍ほど値段が上がる場合もあります。

つまりは工事で使用する

材質が高品質で、作業も丁寧で質の高い仕事が

行われるならば、当然それだけ工事費用が高くなるというのも事実です。

ですからあの業者は高いからダメと決めつけてしまうのもよくないかもしれません。

それで相見積もりを取ると同時に、どのような材質が使用されるか、どのような仕方で工事が行われるかも確認し、総合的にに見て顧客本位の仕事をしてくれそうな会社に工事を行ってもらうことが良いでしょう。