節税のためのアパート経営


賃貸住宅画像

積水ハウス施工の賃貸併用住宅。

2016年、不動産投資ブーム年でもありましたが、専門家の間でも不動産投資はしないほうがいいという否定的な意見と、将来のために不動産投資を行いなさいという肯定的な意見に分かれています。

ただし両者の意見で一致しているのは節税目的の不動産投資であるならば行ってよしというてんでは、おおむね同意見になっているようです。

というのも

アパート経営には節税効果があるからです。

高額の給与所得をもらっているサラリーマンが節税のために不動産投資をすることや、儲かっている事業者で節税を行いたい場合は不動産投資を行うことにより、節税のメリットを十分に享受することができます。

例えば確定申告のさいに給与所得と不動産所得を合算したものが課税所得になるわけですが、不動産所得の経費が膨らんだ時に、不動産所得がマイナスになり、そのマイナス分が給与所得の課税所得を下げる効果がります。

損益通算というそうですが。

その事は他の事業所得についても同じことが言えます。

もちろん不動産所得がプラスになる場合は課税所得も増え、支払う税金はさらに増えますが・・

しかし不動産の場合は、大規模な修繕工事を行った場合には、修繕費として経費計上することができるかもしれませんし、場合によってはマイナス分を3年まで繰り越すことができるので、3年間は大きく節税させることができます。(減価償却分は除く)

花画像

高収入を得ているならば、不動産事業者になることによって節税を行うことができるかもしれない。

さらにアパート経営を行って節税効果のあるものとしては減価償却費やローン金利があります。

多額の資金をかけてアパートを建てたとしても減価償却費を毎年計上できるので節税効果を期待できますし、アパートローンを借りてアパートを建てたならば、金利支払い分も経費計上することができます。

さらにはアパート経営を行うならば、事業者になりますので、アパート経営に資する食事費用(家族との食事は適用外)は交際費として計上させることができますし、さらにはパソコンを購入しても、自宅使用分と事業使用分と按分にして、購入費用のいくらかを経費にすることもできます。(高価なパソコンならば減価償却扱いになります)

そして税理士さんにアパート経営の確定申告を行ってもらうならば、税理士報酬も経費として計上することができます。

このようにアパート経営を行うことによって、様々な事柄を経費として扱うことができるようになり、節税に資することができるのです。