管理会社とオーナーの思惑の違い


アパート画像

レオパレスパートナーズが管理しているアパート。

先回の記事では

そもそも管理会社の役割とは

ということで管理会社の役割について、アパートマンションオーナーにとって多くの場合、必要不可欠なものであることについても書きました。

ところでアパートマンションオーナーが管理会社に任せる目的は、煩雑な法的求められている業務を代行してもらうこと、そして建物の資産価値を保つことに他なりません。

そのことによって賃貸住宅においては周辺エリアの家賃相場程度に家賃を設定することができますし、区分所有者ならばマンション価格を保ち、売却する場合でも、そこそこの価格で売却することができます。

そして管理会社もそのようなオーナーたちの思惑を考慮して建物管理業務にあたるわけですが、しかし

多少オーナーたちとは異なる思惑もあります。

その思惑とはなんでしょうか。

管理会社も営利会社です。

ですから収益を上がる必要があります。

ということで管理会社の思惑には、他人のアパートマンションの管理業務を通して、どうすれば自社に最大限の利益を得ることができるかという思惑が働きます。

一方でアパートマンションオーナーにしてみれば、管理会社を最大限、儲けさせるために管理業務を代行してもらっているわけではありません。

花画像

悪質な管理会社に任せると不必要な出費を求められるかもしれない。

ではどうすれば管理会社と上手に付き合っていくことができるのでしょうか。

例えば大きな支出の伴う案件については、管理会社に任せきりにするのではなく、業者選定の権利を行使することができます。

提案を受けても、そのまま提案を鵜呑みにする必要はありません。

このオーナーさん、あるいは管理組合は管理会社にコントロールされていると思わせないないようにしなければなりません。

最も優れたと思える提案をする業者を実際に選定することによって、管理会社の思い通りにいくわけではないこと、オーナーさんや管理組合が自主性をもって行っていることを示すことができます。

ところで

一括借り上げの場合は事情は異なり

この通りに行うことができるかどうかはわかりませんが、管理会社の提案を鵜呑みにすることがないようにしましょう。

もちろん思い通りにいかない物件オーナーへは賃料減額や解約をつらつかせてくる場合もあるかもしれません。

そのような時は感情的にならず冷静さを保ち、相談できる所があれば相談してみましょう。

さらに普段から建物管理や賃貸経営について勉強して知識を蓄えておくことも助けになるかもしれません。