大手管理会社の強み 法人顧客割合が大きい!!


花画像

社宅として賃借してくれることには多くのメリットがある。

大手の管理会社に管理してもらえることのメリットの1つは、法人として賃借してくれるケースが多いというてんがあります。

私の所有物件も、大手の管理会社に管理してもらっていますが、法人名義で賃借しているケースが多々あります。

この法人顧客ですが、アパート経営においては、多くのメリットがあります。

そのメリットの幾つかを考えてみると

①家賃滞納リスクが少ない。

おそらくは法人名義で賃借している場合、家賃の全額を法人が負担していなくても、ある程度は家賃補助があるものです。

また万が一、家賃が滞納されてしまったならば、その問い合わせが法人に行きますので、連絡が取れないということはあまりないでしょう。

名の知れた大手の会社であるならば、家賃滞納リスクはほとんどないでしょう。

②法人として借りている場合は、個人の都合で引越すリスクがあまりありません。

というのも引越す場合には、法人の了承が必要となり、引っ越すだけの正当な理由がなければ、引越しにくいからです。

ですから転勤がない会社が借りてくださっている場合は、私の所有物件の場合でも、10年以上居住し続けてくださっている方も幾人かおられます。

結果的に家賃も下がっていません。

もちろん大手企業の社員の場合は、転勤で退去することがあることも事実ですが・・。

③法人として賃借している入居者の入居マナーは悪くない。

というのも、入居マナーが、はなはだしく悪く苦情が生じるならば、その苦情が法人、つまりは入居者が勤めている会社にいくからです。

そのような苦情がいくと、社内での人事評価に影響するかもしれません。

ですから、多くの場合、法人として借りてくださっている入居者は最低限のマナーは守ってくださることでしょう。

このような事情で、法人顧客はありがたい存在といえるのです。

また法人顧客の入居斡旋に有利な大手の管理会社の物件の場合は、アパートの入居率もそこそこの水準を維持できるでしょう。

それにしても施工不良で揺れているレオパレス21。

法人顧客による入居割合が大きいことを誇っていましたが、法人の顧客離れが進んでいるとか・・。

レオパレス21を離れた顧客が、大東建託や大和ハウスの賃貸住宅に流れているとの情報もあります。

レオパレス21騒動で漁夫の利を得ているのは、大東建託や大和ハウス工業?