ノンバンクから借りることのメリット


アパート画像

ノンバンクから融資を受けてアパート経営を行うこともできる。

私の父が賃貸住宅経営を始めようとしていた時に、アパートローンを借りるために、都市銀行にあたってみましたが、都市銀行側から断られてしまいました。

都市銀行の場合は、賃貸住宅経営を始めるために初めて借りる場合は1000万円程度の預貯金がないといけないとか、保証人の属性は○○でないといけないといった種々の条件があり断られてしまったのです。

そこで次にあたったのが、ノンバンクです。

外資系のノンバンクですが、こちらのほうは、すんなりと審査が通り、賃貸住宅物件を担保にして借りることができました。

このようにどうしても銀行から借り入れができない時などに、ノンバンクから借り入れることができます。

このノンバンクについてコトバンクには

預金業務を行わず、銀行からの融資などによって調達した資金で与信業務を行う機関。銀行は免許制であるのに対し、ノンバンクは貸金業規制法に基づく登録制で開業できる。消費者金融、クレジット会社、信販会社などがこれにあたる。

引用:ノンバンク

(最終閲覧日2018/5/25)

と説明されています。

ですから銀行とは多少形態が異なるものですが、お金を借りるというてんでは、銀行とさほど違いがありません。

大きな違いがあるとすれば、ローン金利が銀行よりもかなり高いというてんでしょう。

花画像

ローン金利は高くてもノンバンクから借りるメリットがある。

ところでローン金利は高くてもノンバンクから借りることにはどんなメリットがあるのでしょうか。

その1つは審査が銀行と比べて緩いというてんがあります。

例えば銀行の場合は自己資金がどれぐらいあるかが考慮されますが、ノンバンクの場合は自己資金が少なくても大丈夫です。

また古い物件の購入の場合でもノンバンクの場合は融資してくれる可能性があります。

つまりは審査が緩く借りやすいというメリットがあります。

さらに別のメリットがあるとすれば審査が早くスピード融資が可能というてんがあります。

この場合、急いで資金調達する必要がある時など、ノンバンクは助かる存在になるでしょう。

ですからアパート経営を始める時に、銀行から速やかに借り入れができない時などに、ノンバンクの活用を検討してみることができます。

もちろんノンバンクにはローン金利が高いこと、金利下げ交渉が難しいこと、種々の手数料が要求されるというデメリットがありますが、当初はノンバンクから借りて返済実績を積み上げてから、金利の低い都市銀行に再度挑戦し、借り換えを行うことができるかもしれません。

私の父も、ノンバンクで返済実績を積み上げた後に、再度都市銀行に挑戦しましたが、今回は応じてくださり都市銀行に借り換えすることができました。