フリーレント物件のメリット


マンション画像

賃貸マンション。とりわけ入居者が賃貸住宅に入居する時は初期費用がかかる場合が少なくない。

インターネットのプロバイダに加入する時、最初の半年間はプロバイダ料金は無料ということは珍しくありません。

そうすることによってプロバイダへの加入を促すことがしばしば生じます。

それと同じように賃貸住宅においてもフリーレント物件があります。

このフリーレント物件についてLIFULL HOMESのサイトには

フリーレントとは、入居後の1ヶ月から3ヶ月程度の家賃を無料とする契約形態で、中には6ヶ月間が無料という物件もあるようです。事務所や店舗の賃貸では比較的古くから見られましたが、居住用物件では2000年頃から徐々に表れ始め、最近では賃貸物件の検索サイトを使えば、かなりの数がヒットするようになっています。・・賃貸物件を貸す側から見れば、少しでも早く空室を埋めることのできるメリットがあり、それを借りる側から見れば、高額になりがちな賃貸借契約の初期費用を抑えることのできるメリットがあります。

引用:フリーレントとは、どのような物件のこと?

最終閲覧日2018/3/25

と述べています。

このようにフリーレントとは入居後の1カ月以上の家賃を無料にする契約形態のことです。

もちろんフリーレントで入居したならば一定期間内の解約には違約金が課されたり、その他の条件が求められることがあります。

花画像

フリーレント物件は入居者だけでなくオーナーにもメリットがある。

しかし仮に6万円の家賃で3カ月が無料として、2年間入居するならば支払う家賃の総額は126万円となり、1カ月あたりの実質の家賃は5万2500円となり、フリーレントのない6万円の家賃のところに2年間入居するよりも月額7500円安くなるという大きなメリットがあります。

さらに入居の時には、なにかと初期費用がかかりますがフリーレントによって初期費用を軽減することができるというのもメリットです。

ところでフリーレントにするメリットはオーナー側にもあります。

その最大のメリットとは空室を早く埋めるのに有効な手段になるというてんです。

当然のことですが。

それとともにオーナーにメリットがあるてんとしては空室を埋めるために家賃を下げなくてよいというメリットがあります。

もしフリーレントにせずに家賃を下げるならば、他の入居者から不公平感や不満が生じることでしょう。

しかしフリーレントによってそうした事態を避けることができます。