銀行が融資するかどうかは不動産があるかどうかによる?


花画像

土地や不動産を所有していれば銀行からの融資を受けやすい。

ある知人が新聞販売店の経営者になろうとしましたが、新聞販売店の経営者になるためには、お店の規模にもよりますが、最低でも数百万円の資金が必要です。

しかしこの方、新聞販売店の仕事は長年行ってきており、販売店業務や経営についての「イロハ」はある程度熟知しています。

ですから余程の失態でも犯さない限りは、経営者になっても、そこそこの事はやっていくことができるはずです。

ところで問題は数百万円の資金をどのようにして集めるかです。

このような時に、頼りになる銀行も過去の実績だけでは、お金を貸してくれません。

というのか銀行は担保になるものがなければ、将来の成長性への期待だけでは貸してくれないのです。

結局、この方、銀行からの融資はあきらめて、他の方法での資金調達で新聞販売店の経営者になりました。

このように銀行がお金を貸すかごうかで重要な判断要素となるのは経営者の能力や将来性よりも

担保となる土地や不動産があるかどうか

によるようです。

ということはアパート経営について何も知らない、資産価値のある土地所有の無能な地主さんがおられるならば、担保価値のある土地を所有しているゆえに、銀行はそのような地主さんには無能であってもアパート経営のための融資をしてくれます。

マンション画像

大和ハウス工業設計施工の賃貸マンション。

ですから、とにかく担保価値のあるものをとにかく所有しているならばアパート経営は始めやすくなるでしょう。

例えば、すでに住宅ローンの返済が終了した自宅や土地があるならば、それを担保にして銀行から融資を受けてアパート経営を始めることができるかもしれませんし、新たに購入したアパートや土地を担保にして、さらに別の収益物件を購入することができるかもしれません。

いずれにしても銀行から融資を受けて、きちんと返済を続けていくならば、銀行サイドからの信用を獲得して、さらなる融資を受けやすくなり、不動産投資の拡大へとつなげることができるでしょう。

とにかく銀行にとって重要なのは

①担保となる不動産や土地を所有していること

②返済をきちんと行える真面目な事業者である

の2点のように思われます。

これらのてんをクリアしているならば借入金が1億円だろうが、10億円だろうが、30億円だろうが銀行にしてみれば借入金額の規模が大きい=危険が大きいとはみなさないようです。

追記:銀行にしてみれば、低金利のために、あまり儲けがでなくなっても、それでもコア事業はお金を貸すこと、つまりは融資であることに変わりはないようです。

ですから、とにかくお金を貸すことに躍起になるわけですが、そのようなさなか目をつけたのが不動産担保融資といわれています。

実のところ銀行にしてみれば、不動産担保融資はとても、おいしい貸出先なんだそうです。

というのも債務者が、返済できなくなれば、担保にしいる不動産を押さえれば銀行の損失は最小限に抑えることができるからです。

しかも金利は通常の住宅ローンよりも高めに設定できるというメリットも銀行にはあります。

そこでスルガ銀行のように、一部の銀行は、不動産担保融資の場合は、きちんとした審査も行わずに、ほぼ100%近い、融資の稟議が承認されていたようです。

しかし最近になってスルガ銀行の不祥事などが明るみになり、今では金融庁の不動産担保融資への監視が強化され、銀行側の不動産担保融資の審査が厳格化というのか、正常に行われるようになったようです。

それで今では事業の採算性や頭金の有無なども審査の考慮対象となり、不動産への投資だからといって銀行が安易に融資してくれることはなくなっているようです。