空室対策として行える事柄


アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。高い入居率を維持している。

空室が全国で20%を超え、そのうち30%になるのではないかといわれています。

空室が目立つようになれば、当然のこととして家賃収入が減ります。

例え家賃保証のある一括借り上げであっても、空室が目立つようになると、周期的に行われるアパートオーナに支払われる賃料を決める協議において、思い切った賃料減額という憂き目に遭うことになるでしょう。

そこで空室が多くならないようにするための空室対策を行っていかなければなりません。

もちろんアパートオーナーが管理会社と協力して行っていかなければならないのですが。

では何を行うことができるのでしょうか。

1つには

部屋の魅力アップ

を行うことができます。

例えばこれまではペット飼育ができないアパートだったとするならば、ペット飼育可のアパートに変更することができるかもしれません。

あるいはネット環境を整えて、ネットを無料で利用できるアパートにすることもできるでしょう。

とりわけファミリー向けアパートマンションにおいて無料でネットを利用できるようにすることは、大きな魅力アップになるかもしれません。

他にも人気の設備を設置したり、おしゃれな内装へとリフォームしたりと行えることは様々あります。

花画像

空室対策として行える施策が幾つもある。

その他にも行える事柄があります。

それは

金銭的なハードルを下げることです。

敷金や礼金をゼロ円にすることができるかもしれません。(一括借り上げでアパーマンションを経営している場合、敷金や礼金が設定されていても、アパートオーナーは敷金や礼金を受け取ることはありません。また多くの場合、一括借り上げ物件の場合、礼金0円というケースも少なくありません)

いずれにしても競合物件が多くある場合は、礼金が高く設定されていると、入居者が見つからないということも少なくないでしょう。

さらに金銭的なハードルを下げるということで行えることは募集家賃を下げるということもできます。

例えば50000円の家賃を47000円に下げるとします。

その後、入居者が見つかったならば2年更新ごとに1000円ずつでも値上げしていくならば6年で50000円に戻すことができます。

このようにいずれにしても空室対策として行うことができる事柄は、幾つもあるのです。