アパート経営の魅力 サポートシステムがそろっている


シャーメゾン画像

積水ハウス設計施工管理のシャーメゾン。都心部では人気のある賃貸住宅。

最近は非常に経営環境が厳しいといわれている新聞販売店の経営ですが、店の経営者になるためには様々な事柄が求められます。

まずは開業するための資金を必要としますが、多くの店主が銀行からの融資を受けるのに苦労するといわれています。

さらには店主になるために販売店の業務をすべてひととおりこなせなければなりません。

配達、集金、事務処理、チラシ業務、従業員の募集と給与の支払い、事業収支の記録や確定申告(決算書)の作成などです。

ですからまったく新聞販売店の業務を行ったことのない方が、いきなり経営者になるのはかなりハードルが高いといえるでしょう。

従業員としての経営を積んでから店主になる方が多いようです。

一方でアパート経営は起業しやすく、しかも開業後もサポートシステムがそろっているという

てんで、異なっています。

問題も多いですが、

アパート経営の経験が全くない地主さんが

一括借り上げなどでアパート経営を行っている事例も少なくありません。

ではどのようなサポートシステムがあるのでしょうか。

まずは建物の管理が必要ですが、そのてんでは建物管理会社があります。

建物の清掃や点検、その他、建物に関する業務は管理会社が行ってくれます。

また入居者さんの家賃の集金なども行ってくれることでしょう。

花画像

アパート経営をサポートする種々の制度がある。

さらにどのようなサポートシステムがあるのでしょうか。

それは家賃保証会社です。

昔はそのようなシステムがなかったために家賃が支払われなかった場合は、保証人が頼りになったわけですが、保証人と連絡を取って支払ってもらうのは容易でない場合もあったことでしょう。

結局は保証人と連絡を取ることができずに、家賃を滞納された状態で、裁判沙汰になるという手間のかかる手続きを取らなければならない場合もあったかもしれません。

しかし今では家賃保証会社のシステムのおかげで、家賃が支払われなくても家賃収入が途絶えることを、ある程度、回避することができます。

他にも法的な事柄を扱うさいには、司法書士さんや弁護士さんに頼むことができます。

もしどんな方を選んでようかわからない時はアパートローンを借りている銀行に紹介してもらうこともできるでしょう。

このようにアパートオーナーとしての種々の業務は、

種々のサポートシステムを活用することによって

首尾よく果たしていくことができるのです。