アパート建築のための行うべき届け出!?


アパート画像

完成間近のへーベルメゾン。

更地があり、固定資産税対策などで土地活用のためにアパート経営のアパートを建てる場合、当然のことですが好き勝手に建物を建ててアパート経営を行うことができるわけではありません。

日本の場合、建築物を建てる場合、自治体等に必要な届け出を行って承認が得られた後に事を進めることができます。

まず最初に行う届け出ですが

まず建築確認申請手続きを行う

まず着工前に行う届け出ですが、建築予定地のある所轄の役所に申請します。

この時、行われるのは、設計図が諸法規に適合しているかの確認が行われます。

適合していれば「確認通知書」を交付してくれますし、問題があると修正が求められるでしょう。

いずれにしても「確認通知書」を受け取ってからでなければ着工することはできません。

建築工事届も行う必要がある

ところで工事を行うさいには、都道府県知事あてに建築工事届を行う必要があります。

この届出を行うのは工事事業者が行うことになっています。

そして工事が完了すれば、完成後4日以内に「完了届」を提出することになります。

このことも工事事業者が行うことでしょう。

そして完了届が受理されると7日以内に検査を受けることになり、設計図通りか、諸法規通りかの確認が得られれば、「検査済証」が発行されます。

これで建物は完成です。

もちろんこれらの手続きは不動産の資格や知識もあまりない素人ですべて行うのは不可能なことであり、建築施行事業者やメーカーなどが行ってくださいます。

花画像

アパート経営を行うためには種々の届け出をする必要がある。

ところで建物が完成すれば、それでアパート経営が行なうことができるというわけではりません。

次に表示登記と保存登記を行う必要があります。

特に表示登記は完成後1カ月以内に行う必要がありますが、いずれの登記も土地家屋調査士ないしは司法書士さんに行ってもらうことができるでしょう。

これらの専門家ですが、工事事業者や不動産管理会社、あるいはアパートローンを借りる銀行などから紹介してもらうこともできます。

いずれにしても素人には難しい手続きなので、その分野の専門家にお願いするのが無難といえるでしょう。

以上がアパート経営を始めるまでに行わなければならない手続きです。

とてもたくさんあり、素人には手に負えない事柄ですので、それぞれ専門家に行ってもらうのが無難といえるでしょう。

追記:さらにアパートやマンションなどの不動産を取得した時に「不動産取得税」が課税されます。

都道府県税にあたりますが。

とくに賃貸オーナー(大家)として賃貸経営を始めるために、新たに土地や家屋等の不動産を購入した場合等に該当します。

その一方で相続により取得した場合には課税されません。

税率は3~4%になりますので、例えば1億円で取得したならば、300~400万円がかかるということになります。

さらに「登記免許税」があります。

「登録免許税」は取得した不動産の登記を申請する時にかかる税金です。

上記の「不動産取得税」と同様に、「不動産の価格(課税標準額)」に対して税率をかけて試算されます。

この場合は相続であっても非課税にはなりません。

そして税率は、新築住宅を購入(または建築)する場合と、中古住宅を購入する場合で異なります。

また、住宅用家屋については、軽減措置が適用されます。

税率は0.15~2%になります。

いずれにしても、アパートオーナーには様々な税が課されることになり、アパートオーナーは税との闘いでもあります。