アパート経営はいざという時のセーフティネットになる


アパート画像

大東建託設計施工管理のアパート。

昔から収入の柱は幾つもあったほうが良いといわれています。

そうすることによって1つの収入の柱がダメになっても他の収入の柱によって生活が支えられるからです。

そしてその収入の柱の1つにアパートマンション経営を勧める方もいます。

そして実際のところこの提案も実行性のあるものだと思います。

先回の記事では

アパート受難時代といわれても魅力的なアパート経営

という記事で、アパート経営のメリットとして、家賃収入-コストが大きく上回る物件ならば、長期安定収入源になることについて書きました。

そして今回は、長期安定収入源となるだけでなく、いざという時にセーフティネットになるというてんについて取り上げてみたいと思います。

多くの方が、給与収入や事業収入などで、収入を得て生活を支えています。

給与所得を得ているサラリーマンであるならば、単身者であるのならば、それ以外の収入の柱がないかもしれません。

そして実際のところ副業を行うことが禁じられていることもあることでしょう。

もちろん働く本人が健康で元気である続けるならば、また勤め先の業績も安定していて破たんしたりする可能性がほとんどないならば当面は給与収入だけで十分かもしれません。

花画像

収入源が幾つかあると、1つの収入源が絶たれてもやりくりしていくことができる。

しかし、もしも会社の経営が傾きはじめリストラされたり、給与の減額といった事態が生じるならば、そして収入の柱が給与収入のみならば生活が苦しくなることでしょう。

さらに最近は介護離職という言葉がはやるように、親の介護のためにサラリーマンを辞めざるをえない方も増えてきました。

そうなると、もはや給与収入は絶たれることになりますが、そのような時にアパート経営をしているならば、家賃収入がセーフティネットとなる場合があります。

もちろん以前は給与収入+家賃収入ということで総収入は多かったかもしれませんが、家賃収入だけになると総収入は減ることになりますが、それとともに課税所得も減り所得税や住民税も減ります。

そしてさらには健康保険料などの社会保険料の軽減も図ることができるかもしれません。

いずれにしても収入が0円になるという事態は避けることができますので、アパート経営をしていて助かったと感じることでしょう。