反社会的集団とアパート


反社会的集団というと暴力団や過激な政治活動集団を意味しますが、社会は排除しようとする動きが強まっています。

例えば銀行からアパートローンを借りようとすると必ず反社会的集団とのかかわりがないことを確認されます。

しかしそれでもそのような人たちは10万人弱はいるといわれ、どこかに居住しています。

身分をごまかして公営団地や賃貸住宅に住んでいる場合もあります。

しかし

特約事項によってトラブルを防ぐことができる

かもしれません。

これはあくまでも個人的な意見で、同意しかねる方もあられると思いますが、反社会的集団の一員であったとしても、家賃は滞納しなできちんと支払っている、他の入居者にも一切迷惑をかけないし、怖がられてもいない、組事務所のように部屋を使用していないなど、それとはわからないごく普通の入居者のように振舞っているならば、問題はないと思うのですが。(反社会的集団よりも厄介な方もいます)

しかし他の入居者が、それと気づき、どんどん退去されていくとなると一大事です。

実際のところ入居審査において、反社会的集団とはかかわりがないということをチェックされていたとは思うのですが、しかし偽の所得証明書などを提出するなどして審査をくぐり抜け、入居されることがあるようです。

花画像

特約事項によって、反社会的集団によるトラブルを防ぐことができる。

実際のところ指定暴力団の正規の組合員などは、退去してもらいやすいともいわれていますが、そのような人に限って紳士的に振る舞い、周りからは暴力団と見抜けないことも多いようです。

ですから問題となるのは、いわゆるチンピラといわれる人たちで、その場合、退去を求めても居座わってしまえば、事は深刻です。

そこで特約事項が有効になるわけですが、その中で反社会的集団あるいはそれに準じる場合は解約できることを具体的に記入し、借主にこれらの説明を受けたことの署名そして捺印をさせることにより、トラブルを防ぐことができます。

昔から反社会的集団との賃貸は大家にとって悩ましい事柄ですが、特約によってある程度、トラブルを防ぐことができます。

追記:反社会的な集団に属する人すべてが、トラブルの原因になるわけではありませんし、なかには善良な住人として住居してくださる方もいることでしょう。

しかし過去には、こうした人たちによる種々のトラブルがあり、やはり入居してほしくないということになります。

例えば

熱心な仏教徒の呪文が騒音トラブルになることも

という記事には

これは実際に生じたケースですが、マンション1階に新聞販売店が開業しました。

新聞販売店というと夜中の2時~4時ごろにかけて朝刊配達のために、多少騒がしくなることがあります。

ところでこのマンションの上階には、新聞販売店には、ついてないことに反社会的勢力の組織に属する人が住んでいました。

するとその方、新聞販売店に早朝の騒音のことで、案の定クレームを言ってきて、そのための補償として金銭を要求してきたそうです。

結局その新聞販売店、他の場所に移転したようですが。

もちろん騒音トラブルで金銭を要求するとは、よほどの悪党と言わざるをえません。

とありますが、この出来事は遠い昔のことではありません。

他にもアパート火災で、そのアパートを退去せざるをえなくなった反社会的集団に属する者が、大家宅におしかけてお金を請求しにきたという事例もあります。

いずれも金銭がらみのトラブルですが、そのような問題は今でも生じえます。