口コミではネガティブなコメントが多い大手の建設会社 しかしそれでも大手で・・


最近はインターネットの口コミなどで、提供されているサービスがどのようなものかについ簡単に知ることができるようになりました。

それで広告等で、これを買ってみようと思ったものの、買う前に口コミを読んでみて、買うのをやめたということもあるかもしれません。

ところで住居についての口コミも多く見ることができます。

このてんで戸建住宅の分野の口コミについてですが、悪評というてんで数が多いのが、意外や意外、積水ハウスと一条工務店なんだそうです。

この2社といえばブランド力や世間からの信頼度が高い会社というのも事実なんですが。

ところでネガティブな口コミの具体例ですが積水ハウスについては

とにかくコストパフォーマンスが悪いという口コミが多いようで

一条工務店については

下請け業者の施工が悪いや床暖房がよく故障するといった口コミがあるようです。

バラ画像

会社も規模が大きくなれば、それだけネガティブな口コミも増える。

しかしこの2社ですが、販売戸数が多い会社でもあり、積水ハウスが1位で、一条工務店が2位となっています。

つまりは販売戸数が多ければ、それに比例してネガティブな口コミも増えていく傾向にあるようです。

これは住宅分野だけでなく他の業界でも同じようなことが見られると思います。

例えば賃貸住宅の分野となると、トップシェアは大東建託です。

それに続いて積水ハウスのシャーメゾン、大和ハウス工業、レオパレス21、旭化成のへーベルメゾンなどがありますが、この業界でもシェアに応じてネガティブな口コミが多く見られるようです。

しかもいずれの会社も広告に多くの資金を投じており、その広告費用分が建設費やその他の費用で賄われているとも言われています。

結果コストパフォーマンスが悪いということなのですが・・。

しかし大手ならではのメリットもあります。

それは

品質管理が徹底していて、品質も保たれやすい。
会社の規模が大きく、社会的な信用が高く倒産の可能性も低い。
保証・アフターサービスがしっかりしている。
大手ならではの研究を日々行っているので最新の技術が受けられる。
住宅ローンの審査に通りやすく、手続きの相談等にものってもらえる。

などがあります。

このことは戸建住宅でも等しく言えることがですが、とくに賃貸住宅分野ではアパートオーナーとしてやっていくためには、大手と組むほうがかなり有利です。

なので口コミを参考にすることは重要ですが、口コミだけで判断するとのも賢明とはいえないでしょう。