贈与税には配偶者控除がある!!


賃貸住宅画像

配偶者への贈与や相続には控除額が大きくなる。

家族とはいいものです。

ところで今回、なぜいいといっているかというと贈与税には配偶者控除があるという意味でのことです。

贈与税の配偶者控除、婚姻後20年後に適用とされます。

ですから結婚したならば安易に離婚しないのが賢明です。(贈与税の観点からですが)

ところでその

贈与税の配偶者控除はなんと2000万円です。

ということは生前贈与をするならば、配偶者に行うのがお得なのは間違いありません。

建築資金にしても不動産にしてもそうです。

例えば評価額5000万円の不動産を贈与するとなると、通常は5000万円-110万円(基礎控除)=4890万円

4890万円×0.55(税率)=2689.5万円

2689.5万円-400万円(控除額)=2289.5万円の贈与税がかかります。

一方で配偶者に贈与するとなると5000万円-110万円(基礎控除)-2000万円(配偶者控除)=2890万円

2890万円×0.5(税率)=1445万円

1445万円-250万円(控除額)=1195万円の贈与税となります。

つまりは配偶者に贈与することにより贈与税を大幅に軽減させることができるといわけです。

花画像

配偶者への贈与で優遇を受けるためには条件がある。

ところで、この配偶者控除を適用するための条件がいくつかあります。

その1つ目が上記でも触れましたが婚姻後20年が経過している必要があるというてんです。

さらに2つ目が20年以上の配偶者間の不動産の贈与は一生に一回のみ行うことができるというてんです。

そして最後の3つ目のてんとしては贈与を受けた時の翌年の3月15日までに、戸籍謄本、不動産の登記簿謄本、住民票の写しを添えて贈与税の申告を行う必要があります。

これら3つの条件にかなっているならば、贈与税の配偶者控除を受けることができ、後々に税務調査を受けて、突かれることはないでしょう。

また贈与税を1円たりとも支払いたくない場合には不動産評価額が2110万円未満の贈与にするならば、贈与税がかかることはありません。