2021年07月22日一覧

アパートもだれも買いたい人がいなくなれば負動産になる

最近では、だれもが買おうとしない不動産を負動産と揶揄されることがあります。そして場合によっては需要が全くない不動産はまさにマイナス価格になってもおかしくありません。つまりは需要がない不動産はお金を払って引き取ってもらう粗大ゴミと同じようなものに成り下がってしまうのです。