2021年05月一覧

地球の温暖化によるアパート浸水被害リスク どのように回避できる?

最近はゲリラ豪雨による水害が多発するようになってきました。水害の時のテレビの映像などでは、水没してしまった個人のマイホームだけでなくアパートやマンションも被害を被っていている映像が目にとまります。実際のところ水害に遭ったアパートの場合、修繕費用は一部屋あたり数百万円するといわれています。

アパートの経営の健全性を示すキャッシュフローとは?

アパート経営は、家賃収入が大きければ大きいほど良いというわけではありません。家賃収入がどんなに大きくても、それを上回る支出があるならば、そのアパート経営は健全とは言えません。そこでアパート経営の健全性を知る目安となる指標としてキャッシュフローがあります。キャッシュフローは・・。

アパートの施工不良のために退去の場合に請求できる費用

レオパレス21のアパートでアパートの施工不良問題がクローズアップされるようになりました。そのような場合、施工不良部分の改修工事のために退去しなければならないかもしれません。この場合は、退去に伴う費用をアパートの管理会社などに請求することができます。具体的にどれくらいの費用を・・。

アパートの更新料 拘束力は強くないが支払ったほうが良い?

アパートの賃貸契約は多くの場合、2年となっています。それで2年の更新のさいに更新料を請求されることがあります。ところでこの更新料ですが支払いを拒否することができるのでしょうか。またどのような場合に、更新料の支払いを拒否した場合に入居者側が不利になってしまうのでしょうか。

セキスイハイムと積水ハウスとは別会社 セキスイハイムのアパートの特徴は

多くはありませんが、時々セキスイハイムのアパートを見かけることがあります。このセキスイハイムですが、積水ハウスとは別会社です。セキスイハイムは積水化学工業の住宅会社です。一方で積水ハウスは、積水化学工業から独立した会社で、住宅においてはセキスイハウムよりも圧倒的に大規模になっています。

アパートやマンションの物件調査を行うさいに必要なツール

アパートやマンションの物件調査を行うのは重要です。もしも不良物件を所有してしまうならば大変だからです。それで物件調査が必要なツールとしては、メジャー、懐中電灯、双眼鏡、水平器などがあります。また不良物件をどのようにして見分けるかを知っていることもとても重要です。

アパートの家賃に大きく影響する物件のエリア 駅近以外に考慮すること

アパートはエリアによって家賃は大きく左右されます。一般的に駅から徒歩10分圏内がよいとされていますが、しかし駅から徒歩10分圏内であるならば、どこでもよいというわけではありません。他にも家賃に影響を及ぼす様々な要因があり、そのことも把握しておく必要があります。

アパートの家賃 何で決まる?入居者ターゲットを絞ることも重要

アパートの家賃はアパートオーナーにとって重要なことです。家賃が高すぎると空室が目立つようになりますが、家賃が安いとアパートオーナーの収益が減ります。そこで通常はアパートがある周辺エリアの家賃相場が適切な家賃を決めるめための目安になりますが、他にも入居者ターゲットを・・

マンションは60年超使えるといっても30年を超えると・・

RC造り(鉄筋コンクリート)のマンションは、メンテナンスが行われているならば、60年超は持ちこたえられるといいます。この長さは木造の建物よりも、はるかに長く持ちこたえられるということです。しかしRC造りの弱点は、間取りの変更などの改修工事が容易でないこと、解体費用も高額になる・・

入居者のためのサービスはアパート収支のバランスを考えて行う

どのような場合でもそうですが、顧客を引きつけるためには、サービスにも力を入れなければなりません。サービスが薄ければ顧客離れが生じます。このことはアパートでも同様です。ただしサービスに力を入れ過ぎてアパート経営収支が圧迫されるようだとサービスを見直す必要があるかもしれません。